4連休

 子どもの小学校や幼稚園がなく、我が家は4連休真っ只中です。オリンピックは延期、コロナで外出の予定もなく、ついダラダラ…。ブログの更新を忘れそうになりました。最近コロナ関連のことを書いていなかったので、備忘録として今の状況を書いておきます。

小学生の夏休みは短縮

 自分の子供は大田区の小学校に通っていますが、夏休みはお盆周辺の2週間しかありません。昨日読んだ記事では、23区内では約3週間休むところが最も多く、最長は世田谷区の31日間だそうです。

 小学生には気の毒ですが、緊急事態宣言で4~5月は全く登校できておらず、6月も分散登校で授業時間がかなり少なかったので、これでもすべてをカバーできるわけではありません。第2波、第3波が来てさらに休校になったらどうなるのかも心配です。(オンライン授業でカバー、という話も全く聞こえてきません)

曖昧な“with コロナ”

 緊急事態宣言解除後は「経済との両立」「with コロナ」と言われていますが、再開してよいことと引き続き控えるべきことの線引きが曖昧で、不安や戸惑いがあるのが正直なところです。東京が「Go To トラベルキャンペーン」から除外されていなかったとしても、今の状況では旅行に行く気になれません。

 何が何でも感染を抑えるためには、緊急事態宣言のときのように外出や人との接触を極力控える必要があります。逆の言い方をすれば、人との接触を控えなければ感染者は増えていくということです。最近のペース(東京で毎日200人以上、全国的にも増加)で増えていって大丈夫だろうか、という不安を持っている人が多いのではないでしょうか。3カ月前と比べると重症者数や死亡者数は低く抑えられており問題ないのかもしれませんが、自分には分かりません。

梅雨が明けない

 通常なら学校が夏休みのこの時期に、梅雨が明けていないのは異例です。しかも、今年の梅雨は晴れ間が少なく、毎日雨が降っているような気がします。浸水被害を受けた方に比べれば大したことはありませんが、日光に当たっていないことや気温が低い日があることで、気分や体調にも影響しているような気がします。暑さも嫌ですが、早く梅雨明けして気分だけでもカラッとしたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です