師走より11月の方が忙しくないですか?

洗足池

 すっかり月イチ更新が定着してしまった歌代です。おかげさまで、元気に過ごしております。

11月の忙しさ

 去年も10月~11月は忙しかった記憶があるのですが、今年もでした。去年と同じ仕事はそれほどなかったのですが、そういう巡り合わせのようです。

 1つあるのは、単発で実施するイベント(研修・セミナーやら子どもの行事やら)はこの時期が多いということです。お盆や年末年始は当然できず、場合によっては真夏や真冬はやめようということにもなるので、春先から初夏と秋の開催がそもそも多くなりがちです。そのうえ、4月はじまりの組織だと準備期間が取れないので9月以降が候補になり、「年内にはやりたいね、12月は忙しいから11月にしようか」てな具合です(一部想像)。

 子どもの学校や習い事のイベントも、いくつか11月の土日に開催されました。コロナ禍でも実施してもらえてありがたいですが、土日も家族で出掛けず仕事に使えるのに慣れてしまっていたのが、「稼働日」が減りブログ更新も滞った次第です。

 あと、個人的にはJリーグの最終節やその前のホーム最終節がこの時期なのに、上記のようなイベントと重なって行けないことが多くて、「11月は忙しい」が脳に強く記憶されているのかもしれません。今年も子供の行事と重なって浦和レッズのホーム最終節に行けませんでした。阿部勇樹の引退セレモニー行きたかったのですが。

コロナ落ち着いているが新たな変異も

 備忘を兼ねて時々コロナについて書いているので、久々に書き留めておきます。

 7月のオリンピック前から第5波と呼ばれる感染拡大が始まり、8月には東京の陽性者数が1日5千人を超える日もありました。いつ自分がかかってもおかしくないような怖さがありましたが、9月に入ってから急速に陽性者数が減少し、9月末で緊急事態宣言も解除、その後も東京では1日数十人レベルの低い水準に留まっています。

 本当にびっくりするくらい急に減りました。ワクチン接種が進んだことやデルタ株の複製ミスなどが理由として挙げられていますが、よくわかりません。

 10月~11月は飲食店の営業も再開され、イベント等の人数も緩和されてきています。盛り上がった日本シリーズも、結構たくさんのお客さんが入ってましたね。

 ニュース等での扱いも小さくなってきて恐怖感も薄らいできましたが、それでもほとんどの人はマスクをつけたままで、本当に日本人は真面目でよかったなと思います。もちろん、自分もつけてます。すっかり習慣になったというのもありますが、風邪も全くひかなくなり、メリットを実感したことも大きいのかなと思います。

 これなら大丈夫かなということで、学校等の行事以外にも家族で休日に出掛けたりもしました。と言ってもIKEAと近所の公園(冒頭の写真)くらいですが。

 旅行の計画を考える余裕も出てきたので、年末年始は短くても泊まりで旅行に行きたいな、と思い始めたところで新たな変異株「オミクロン株」が海外で広がり始め、今日国内でも感染者が見つかったとか。この先どうなるか・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。